子供の鼻水、鼻づまりに効く漢方薬の選び方

子供の鼻水、鼻づまりに効く漢方薬の選び方

昔なら、子供は鼻水を垂らしていても当たり前でした。

 

子供,鼻水,鼻づまり,漢方薬,解消法

でも、最近は、そんな「はなたれ小僧」はあまり見かけません。

 

それは子供の鼻が良くなったわけではなく、ティッシュなどが普及してしっかりと拭き取るようになったからでしょう。

 

多少の鼻水なら気にするほどでもないですが、あまりひどかったり、年中鼻水を出していたり、鼻づまりで寝る時も苦しそうなら、何らかの対策を考える必要があります。

 

鼻水の役割は、鼻粘膜の乾燥を防ぎ、また、病原菌の感染予防です。

 

黄色い鼻水が見られた場合、それは細菌の死骸や免疫反応後の老廃物が含まれているからです。

 

ですから、基本的には体の自然な防御反応によって出ているので、無理やり止める必要はないのです。

 

でも、原因がアレルギー反応で鼻水や鼻づまりが起きているなら、身体の免疫系が正常に働いていない証拠なので、対策が必要です。

 

中医学では鼻の症状に現れるのは肺や呼吸器系統の弱さが原因だと言われています。

 

ですから、鼻に症状がある場合は、肺を強くする薬を選択します。

 

具体的な例としては、ぜんそくだったり、体質的な弱さや体が小さい場合には、生命力や肺の強化のために「八仙丸」を処方します。

 

元気が無い状態なら、「衛益顆粒」にする場合もあります。

 

また、鼻の症状がひどく鼻の詰まりが顕著なときには、「辛夷清肺湯」などを使う時もあります。

 

鼻の症状が一日の中で、いつひどくて、いつ軽いか、季節によって変化があるのか、などを考慮して薬を選びます。

 

漢方薬を飲む場合には、一度漢方薬局で相談することをお奨めします。

鼻詰まりに漢方薬とその効能

乳幼児の場合、鼻づまりになると、おっぱいが飲めなくなったり呼吸困難になったりします。

 

赤ちゃんは年齢が小さいほど、鼻呼吸しかできません。

 

なので、鼻づまりは大きな問題なのです。

 

子供,鼻水,鼻づまり,漢方薬,解消法

鼻水を吸い出しても吸い出しても詰まる時には問題です。

 

現代では、お母さんが赤ちゃんの鼻に口をつけて鼻水を吸い出すシーンはほぼ見なくなりました。

 

ちょっと高めの市販のチューブで吸い出すのが普通になっているようです。

 

ですが、このチューブが太くてなかなか鼻の奥に入らない時、無理矢理入れると鼻粘膜に傷をつけてしまって血が出てしまいます。

 

発熱も無く、鼻づまりの症状で来院し、風邪の診断を受けた生後6か月までの赤ちゃんの58例を対象にした治療例です。

 

○月齢:生後3〜6か月
○治療法:麻黄湯を1日1.0gを4回に分けて、哺乳の30分前に飲ませる。
○効果:投与開始後1日以内に鼻づまり改善、哺乳力が良くなるのが顕著な例…10例
    投与開始後2日以内に鼻づまり改善…20例
    投与開始後3〜4日で鼻づまり改善…18例
    無効は6例で、悪化したのは4例

 

全体の有効率は58例中48例だったので82.8%になりました。

 

子供,鼻水,鼻づまり,漢方薬,解消法

副作用も特に認められていません。

 

麻黄が入っている葛根湯や越婢加朮湯を使っても鼻づまりには効果があります。

 

ぺリアクチンやテルギンなどの抗ヒスタミン剤は鼻水を鼻の奥で固める作用がありますから、よけいに悪化させるため、特に乳幼児には注意が必要です。

 

漢方薬のいいところは眠気が起きない所がいいですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ